2020.01.18

カブ用タイヤについて

5O9A4406タイヤ

こんにちは、中尾です。

先日、クロスカブ用に『ミシュラン CITY PRO』を入荷しました。

上記写真の左のタイヤがミシュランのCITY PROで、真ん中がJA45クロスカブ110標準タイヤのIRC GP-5で、右がJA44スーパーカブ110標準タイヤのIRC NR78です。

今回入荷したミシュランのタイヤとその他のカブシリーズのタイヤについて少しご紹介いたします。





5O9A4416タイヤ

まずはクロスカブ純正装着タイヤIRC GP-5について。

チューブレス専用タイヤでサイズ表記は80/90-17 44Pです。

サイズ表記の見方は横幅/扁平率ー外径 ロードインデックス・速度記号です。

ロードインデックスとはタイヤの最大負荷能力で、どれほどの荷重に耐えられるかという数値になります。

ロードインデックスは数字が大きくなれば耐えれる荷重が高くなります。

速度記号は走行できる限界速度を示しています。

このタイヤの場合は横幅80mm/高さ72mm−外径17インチ・負荷能力160kg・最高速度150km/hまで耐えれるタイヤということになります。



5O9A4409タイヤ

こちらのタイヤは若干ブロックパターンになっており、クロスカブのキャラクターに非常によく似合うデザインです。

GP-5はリヤ専用とフロント専用に分かれており、操舵輪であるフロントと駆動輪であるリヤのそれぞれ最適なパターンで作り分けられております。

とは言っても、デザインはほぼ同じでフロントタイヤのパターンを逆に回転させればリヤのパターンになります。



5O9A4426タイヤ

溝が深くて溝幅も広く、ゴム質も柔らかいので悪路や雨の日でも比較的グリップ力が高く安心して走行出来るタイヤです。

カーブの際もクセが少なく、思い通りに走りやすい印象があります。

デメリットとしてはゴムが柔らかいので少し減りやすい傾向で、ブロックパターンなので溝の前側や後側の片側だけ減る段減りという症状も出やすく、減り始めると極端に乗り心地が悪くなる事もあります。

ただ、減りやすいと言ってもほとんどの方は8000km程使えていますし、バランスの良いタイヤでクロスカブにとても似合うのでオススメです。



5O9A4418タイヤ

次は今回の主役ミシュランCITY PROについて。

こちらのタイヤのサイズ表記は80/90-17 50Sです。

幅や扁平率は同サイズですので同じですが、最大負荷能力が190kgで最高速度は180km/hになっており、GP-5よりも耐えれる負荷は高くなっております。

さすがにカブで180km/hは無理ですが、積載マニアのカブ主にとって負荷能力に余裕があるのは魅力になるでしょう。



5O9A4413タイヤ

こちらのタイヤは非常に耐久性が高く、耐久性が高いと評判のミシュランの同カテゴリーのタイヤM35よりも10%耐久性が高くなっております。

私もスーパーカブにM35を装着しておりますが、M35でも他メーカーのタイヤに比べて耐久性はかなり高いように思います。

CITY PROは更に耐久性が高いという事ですので、年間走行距離の多い方には非常にオススメです。

また、耐パンク性を高る為にラバーの下に強化層が3層組み込まれており、こちらもM35に対して20%向上しております。

パンクが死活問題のチューブタイヤにとって耐パンク性能の高さは非常に安心感が高いです。



5O9A4427タイヤ

溝の深さが傾きに応じて変化するように設計され、排水性も良く雨の日のグリップ力も高られております。

少しゴム質がハードに作られていますが、ドライグリップも評判がいいようです。

GP-5模様なブロックパターンではないので、クロスカブに装着した場合は燃費や振動の低減も期待できますね。

ハードな使い方をされる方やツーリングでカブを使われている方には最適なタイヤかと思います。



5O9A4417タイヤ

ここからはスーパーカブ110のタイヤですが、こちらはIRCのNR78です。

このタイヤはJA44スーパーカブ110のリヤに純正装着されているタイヤになります。

サイズ表記は80/90-17 44PとGP-5と同じです。



5O9A4429タイヤ

溝のパターンはリヤ専用パターンで他のタイヤに比べて細い溝になっており、スタイリッシュな見た目です。

タイヤのラウンドが緩やかな為か、乗り心地は挙動が安定していて安心感があります。

耐久性も標準的でバランスの良いタイヤです。



5O9A4433タイヤ

NR78に組み合わされるフロントタイヤはこちらのNF63になります。

こちらはスーパーカブ用のサイズしか無いので、クロスカブに装着することは出来ません。

リヤ専用のNR78よりも更に溝が細くなっており、パターンも少し変わっております。



5O9A4438タイヤ

次にご紹介するのはダンロップのD107です。

こちらもクロスカブ用のサイズが無いので、装着できるのはスーパーカブになります。

こちらのタイヤは昔からずっと変わらずに販売されている超ロングセラーモデルです。



5O9A4439タイヤ

スーパーカブといえばこのタイヤと言うぐらい装着率は高いです。

ただ、設計が古いので特別に性能が高いという印象はなく、超スタンダードなタイヤです。

パターンはフロント専用とリヤ専用に分かれています。



5O9A4436タイヤ

こちらがフロント専用のD107Fです。

タイヤについて学ぶ際、溝のパターンで縦溝のみをリブ型、横溝のみをラグ型、縦溝と横溝を組み合わせたものをリブラグ型、オフロードのようなパターンをブロック型と習いますが、D107は前後共に典型的なリブ型です。

リブ型は転がり抵抗が少ないと言う利点があるのと、D107は他のタイヤと比べて明らかに軽いので、燃費を向上させたい場合は良いと思います。



5O9A4424タイヤ

番外編ですが、こちらはCITY PROとの比較で出てきたミシュランのM35です。

AA01スーパーカブやスーパーカブ90、JA10クロスカブでは特に人気の高いタイヤです。

若干サイズに違いがありますが、外径や対応リム幅が同じなので、JA45クロスカブにも装着することが可能です。



5O9A4425タイヤ

新しい設計のCITY PROには敵いませんが耐久性もグリップ力も高く、トータル性能の高いタイヤです。

サイドウォールに独特の丸みがあり、ドレッドパターンもレトロなパターンなので格好良く、カスタムの方向性によってはドレスアップパーツの一部として機能するデザインです。

ご紹介したタイヤはカブシリーズに装着できるタイヤの代表的なものの一部です。

他にも魅力的なタイヤが色々とありますので、タイヤ交換の際には少し拘ってみてはいかがでしょうか。

また素敵なタイヤがあればご紹介いたします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。
クリックにご協力お願いします。