2019.11.17

YSS ハイブリッドリヤサスペンション

5O9A4084リヤショック

こんにちは、中尾です。

今回はクロスカブで人気のリヤショックのご紹介致します。

ご紹介するリヤショックはタイの高性能サスペンションメーカー『YSS』とカブで有名なショップ『東京堂』が共同で開発したクロスカブ専用リヤショックです。

ネットでの評判があまりにいいのでクロスカブユーザーにはあまりにも有名なリヤショックですが、当店でも複数台取り付けを行い、取り付けたお客様からも非常に高い評価をいただいております。

それでは詳しく見ていきましょう。






5O9A4082リヤショック

まずはJA45型クロスカブ110のノーマルの姿から。

ダンパーボディがシルバーにブラックのスプリングの組み合わせで、このクラスのサスペンションの標準的な見た目といったところでしょうか。

少し細めなのと、シルバーのボディが少し気になる所。

調整機能は付いておりません。



5O9A4083リヤショック

そして、こちらがJA45型クロスカブ110にYSSハイブリッドリヤショックを取り付けた様子です。

ノーマルショックよりスプリング・ダンパー共にグッと太くなり、真っ黒のカラーと相まってクロスカブのデザインとマッチングしています。

やっぱりダンパーボディは黒の方が圧倒的に高級感があります。

スプリングカラーは画像のブラックの他にイエローとレッドがあり、車体カラーやお好みに合わせて選択出来ます。



5O9A4088リヤショック

サスペンションの全長はノーマルと同等の370mm。

スプリングは柔らかい部分と硬い部分の2段階に分かれているダブルレートスプリングが使われているようです。
スプリングレートはノーマル比10%増しになります。

動きを落ち着かせるダンパーにはツインチューブ構造でガス室とオイル室を分離したものが使われており、安定した減衰力を発生させる構造になっています。



5O9A4087リヤショック

スプリング下部には5段階のプリロード調整があり、積載量や乗車人数や好みで乗り心地を簡単に変更出来る様になっています。

これは非常に素晴らしい装備で、特にキャンプやツーリングでよく使われるクロスカブは積載量が変動しやすく、後ろに重たい荷物を積んだ場合に、リヤショックの沈み込みが大きくなり過ぎて不安定になることがありますが、プリロードを少しかけてあげる事で劇的に改善出来ます。



5O9A4085リヤショック

サスペンション上部には控え目にブランドロゴが入っています。

こうなったらサスペンション固定様のナットやワッシャーももう少し良いものに変えたくなってきますね。



5O9A4086リヤショック

私もクロスカブ110に乗っており、今までノーマルサスペンションの乗り心地には大きな不満はありませんでしたが、こちらのサスペンションを取り付けたクロスカブに乗って感動しました。

ダンパーの動きが素晴らしく、ノーマルショックより跳ねる事が少なく乗り心地が非常に滑らかな印象です。

ノーマルよりも10%程固めのスプリングが入っているとのことでしたので固めの乗り心地を想像しておりましたが、良い意味で裏切られました。

この乗り心地ならロングツーリングでも体への負担も少なそうです。

ワインディングは走っていませんが、ノーマルよりも安定した走りになる事は間違いなさそうです。

価格は税抜定価9,814円ですが、こちらの商品は取り寄せに手数料がかかりますので、当店では税抜10,000円で販売しております。

ショールームで展示もしておりますので、是非ご覧ください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。
クリックにご協力お願いします。