2019.03.30

カブコレ!! 【No.2】

5O9A0526.jpg

こんにちは、中尾です。

とてもありがたいことに、たくさんのカブ主様の協力により『カブコレ!!』用の写真を順調に写真撮影させていただいております。

第2回目のカブコレ!!ですが、今回は30代男性のカブ主様の所有するパールシャイニングイエローのJA45型クロスカブ110です。





5O9A0520.jpg

普段は毎日通勤で使用されているという事ですが、今後はツーリングでも使用されるとの事で装備はおもいっきりツーリング仕様になっています。

こちらのカブ主様のカスタマイズ箇所は以下の通り。

・デイトナ ウインドシールドSS
・デイトナ USB電源 ACC2.1A
・タケガワ リヤショックアブソーバー
・アウトスタンディング ベトナムキャリア タイプ1
・ホンダ ビジネスボックス
・ホンダ カブ110純正レッグシールド
・ホンダ 郵政カブ純正サイドカバーボルト



5O9A0525.jpg

JA44型スーパーカブのレッグシールドを純正流用しているところが通ですね。

冬場の寒い日や雨の日の快適性はレッグシールドの有無で雲泥の差がありますし、見た目もカスタム感が出ていて素敵です。

実はサイドカバーボルトもカブ主様のこだわりで郵政カブに使用されている物に変更されています。
通常のクロスカブのサイドカバーボルトは工具かコインで緩めるタイプですが、郵政カブ用は手で回せる物になっています。
大きなボルトになっていて見た目もカワイイ感じ。

※良ければ写真をクリックして拡大して頂けると見やすいと思います。



5O9A0527.jpg

レッグシールドだけでなく、大型のウインドシールドも装着されているので冬場は最強ですね。

こちらのデイトナ製のウインドシールドは角度の調節が出来るようになっていて、自分に合った最適な位置に調整できます。



5O9A0529.jpg

ウインドシールド内側のステーにはスマートフォンホルダーやオプションメーターを取り付けする為のクランプバーも装備されています。



5O9A0524.jpg

アウトスタンディング製のセンターキャリア“通称 ベトキャリ”はカブキャンパーには必須の便利装備ですが、ルックスもアウトドア感が一気に増していい感じ。

カブはリヤキャリアの積載製が良すぎてリヤに沢山荷物を積みがちですが、後ろに荷物を積みすぎるとフロントの荷重が抜けて不安定になってしまいます。
そこでベトキャリにも荷物を振り分ける事によってフロントの荷重が抜けるのを軽減出来ますし、積載量も増えるのでツーリングカブライダーには最高の便利装備です。



5O9A0528.jpg

リヤショックはタケガワのショックアブソーバーが装備されていますが、敢えて目立たないブラック/メッキをチョイスされている所にこだわりを感じます。

こちらのショックはスプリングが若干ハードになっており、ダンパーも安定性の高いオイルダンパーですので積載量の多い方にオススメのリヤショックです。



5O9A0522.jpg

シートとボックスの間にも荷物を積みたいというオーナー様の希望で、少し後ろにオフセットして取り付けているボックスはホンダ純正オプションのビジネスボックスです。
一般的なボックスに比べて非常に軽量に出来ています。

酷道で有名な国道308号線の暗峠ステッカーがいい感じ。



5O9A0521.jpg

カブコレ!!No.2は純正流用を利用して上手くまとめ上げられている所にオーナー様のカブ愛を感じる、完成度の高い素敵なクロスカブでした。

これからこちらのクロスカブがどの様にに進化していくかが楽しみです。

次回のカブコレ!!もお楽しみに!!



ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。
クリックにご協力お願いします。