2018.07.05

CBR250RR マフラー交換

DSC_5732.jpg
こんにちわ、竹下です。
ホンダのフルスペック250ccスポーツバイク CBR250RRのマフラー交換のご依頼がありました。
お客様と共に十分なお話合いの結果、OVER TT-Formula RS フルチタンを選ばれました。
DSC_5719.jpg
さすが、国内有数の有名メーカーのOVERさんとあって、商品はきれいに、且つ安全に梱包されています。
最近は他のマフラーメーカーさんも、このマシュマロみたいな梱包材がよく使用されています。

DSC_5720.jpg
梱包を解いてみるとこんな感じです。 めっちゃきれいでカッコいいじゃないですか!
サイレンサーがチタンである事はもちろん、エキゾーストパイプまでもがチタンで造られています。
ノーマルマフラーの重量が5.5kgに対して、なんと2.3kgという軽さ! ほぼ半分ですよ!
チタン独特の青紫色の焼け色がいい感じですね。

DSC_5723.jpg
内部は完全なストレート構造になっています。 これはパワー、レスポンス共にアップするぞ!
音量は、94db(近接)/82db(加速)となっており、政府認証品マフラーですから安心して使用できます。

DSC_5726.jpg
ノーマルマフラーの容姿はみなさんご存じの通りのこちら。 謎の二本出し形状。
「二気筒エンジンですよ! 遂にHONDAも二気筒エンジンになりましたよ! 他社さんに負けてないでしょ!」
と言わんばかりの、過剰な演出。 ただ重たくなるだけだろうに・・・。 と個人的な意見です。

DSC_5729.jpg
それがこちら! シュッとしましたよね、やっぱりスポーツバイクはこうでないと!
サイレンサー出口の口径もこれ位あって、やっとデザインのバランスが整った感じがします!
そして肝心な音質といえば、湿った低音の歯切れの良い心地いいサウンドに生まれ変わりました。
パワーフィーリング、エンジン特性共に変化があるはずです。 どう変わるか楽しみですね。
またお客様からのご感想を楽しみにお待ちしています。

DSC_5728.jpg
嬉しそうにお客様のマフラー交換作業をする僕。
マフラー交換って、どうしてこんなに楽しいんでしょうかね? きっと変化が手軽に楽しめるからでしょうね。
どしどしご依頼、ご相談おまちしています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。
クリックにご協力お願いします。