2018.06.03

クロスカブ110 スプロケット交換

IMG_0649.jpg

こんにちは、中尾です。

発売以来、人気の絶えない新型カブシリーズですが、最近はカスタムの以来も増えてきました。
今回は、そんな新型カブのカスタムの中で最近依頼が多くなってきたフロントスプロケットの交換をご紹介します。

今回、スプロケットを交換する車両は入手困難な程、人気が高まっているクロスカブ110です。






IMG_0653_2018060222462031d.jpg

取り付けるスプロケットはスペシャルパーツタケガワの15丁428サイズフロントスプロケットとスプロケットガードプレートです。

ノーマルスプロケットはフロント14丁なので、1丁プラスして同じ速度でもエンジン回転数を抑えられるように減速比を変更します。

フロントスプロケットの丁数は小さくすると発進や加速・登坂に強くなり、エンジンブレーキの効きが強くなり、大きくすると同じ速度でもエンジン回転数が低くなり、振動も少ないマイルドな乗り味になったり燃費が良くなる等のメリットがあり、エンジンブレーキの効きは緩やかになります。

好みや乗り方に合わせて手軽に減速比を変更出来るのはカブの大きなメリットです。

ただ、どちらにしてもやり過ぎは禁物で、小さ過ぎると乗り味がギクシャクしたり燃費が著しく悪くなり、大き過ぎるとギア比に対してエンジンパワーが足りず速度が出なくなったり、坂道で失速する等のデメリットがあります。



IMG_0650_201806022311233cf.jpg

フロントスプロケットはエンジン左側のHONDAのロゴが入ったカバーの奥にあり、外側からゴミを巻き込んだり水がかかったりしにくいようにガードされています。



IMG_0651_20180602231723fbf.jpg

カバーを外すとノーマルのフロントスプロケットが2本のボルトで止められているのが見えます。

新型カブはこのスプロケットとチェーンの幅が従来のカブより大きくなり、耐久性が高められています。



IMG_0654.jpg

純正の14丁スプロケット(右)と取り付ける15丁スプロケット(左)です。

15丁の方が外径が大きくなっているのが分かります。
外径が大きくなっているので、スプロケットからチェーンが外れるの防いだり、エンジンに直接チェーンが当たらないようにする為のスプロケットガードも幅の小さな物に交換する必要があります。



IMG_0656.jpg

フロントスプロケットの丁数は1丁変わるだけで乗り味が激変するので、変更は1丁ずつ変えていくのが基本です。
リアスプロケットの方が1丁当たりの変化は少ないので、微調整はリアの丁数で変更すると理想の乗り味が探せると思います。
リアはフロントと逆で丁数を大きくすると加速寄りになり、小さくすると低いエンジン回転数で走れるようになります。

新型カブ110やクロスカブ110でフロント1丁プラスの15丁にされる方が当店では圧倒的に多くなっています。



IMG_0657.jpg

今回、スプロケット交換と同時にUSB電源の取り付けも同時に行ったのでこちらもご紹介します。

取り付けたUSB電源はデイトナ製の1ポートタイプで、防水性が高くデザインもシンプルで人気のUSB電源です。

デイトナのUSB電源1ポートタイプにはバッテリー接続タイプ(93039)とブレーキスイッチ接続タイプ(97041)の2種類ありますが、基本的に当店ではお客様からの強い希望がない限りバッテリーにもブレーキスイッチにも接続しません。

バッテリーに直接接続するとバッテリー上がりの危険性が高まるのと、ブレーキスイッチに接続するのは接続強度が弱く、何かの拍子に線が抜けてしまう可能性が否定出来ないからです。
ほとんどの場合はカプラーを作りオプションカプラーに接続するか、その他のキーONで電気が流れる配線に出来るだけトラブルが起こりにくい方法で接続するようにしています。

今回もブレーキスイッチ接続タイプを使用していますがブレーキスイッチには接続していません。
バッテリー接続タイプに比べてブレーキスイッチ接続タイプの方が、カプラーを作るのに配線の種類と太さが適しているのでこちらを使用することの方が多いです。



IMG_0661.jpg

今回はカプラーを作り、メーター下にあるグリップヒーター用の電源に接続しました。
車両本体に元から電源を供給する為に装備されているカプラーなので安全性が高く、配線の長さも短く出来る為美しく取り付ける事が出来ます。



IMG_0663.jpg

USBの差し込み口は目立たないように、メーター下にクランプしました。

これでスマートフォンの電池残量を気にする事なく、ナビやマップを使用しながらのツーリングを楽しめます。

カブシリーズは色々なオプションが各社から多くリリースされているので、カスタマイズを楽しまれているユーザー様が非常に多いです。
また素敵なカスタムがあればブログでご紹介します。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。
クリックにご協力お願いします。