2016.06.01

TAKE OFF

5O9A0530.jpg
EOS 5D Mark III EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 135mm F2.8 1/100秒 ISO160

こんにちは、中尾です。

最近、あるお客様の影響によって急速に飛行機に興味が湧いてきました。
そのあるお客様とは、日頃から来店の度にカメラやレンズ・撮影方法から撮影ポイントまで、カメラの
いろはを私に教えてくださる方で、私のカメラの師匠(と私が勝手に思っている方)ですが、色々と師
匠から飛行機の話を聞いていると妙に飛行機に興味が湧いてきて、気付けば上空を飛んでいる飛
行機の機種名が分かるまでになってしまっていました。

先日、そんな師匠から飛行機の撮影にお誘い頂き、伊丹空港へ行ってきましたので、その様子をお
伝えします。





IMG_0133.jpg
EOS 50D EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 200mm F8 1/320秒 ISO100

今回は夕方~夜の、陽が沈み出す時間から夜景が見え始めるまでの時間を狙って4時からの撮影。

平日の夕方ですが、スカイパークには飛行機を見に来ている人が結構多い印象でした。



IMG_0137.jpg
EOS 50D EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 200mm F8 1/500秒 ISO100

IMG_0142.jpg
EOS 50D EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 70mm F8 1/800秒 ISO100

IMG_0148.jpg
EOS 50D EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 70mm F8 1/800秒 ISO100

到着してすぐにボーイング767-300が轟音と共に離陸していきましたが、久しぶりにスカイパーク
に来ると飛行機の迫力に圧倒されます。

ウィキペディア情報によると、この機体は全長54.9mもあるそうですが、こんな大きな金属の塊が空
を飛ぶというのは目の前で見ていても信じられません。


5O9A0263.jpg
EOS 5D Mark III EF24-105mm F4L IS USM 絞り優先AE 24mm F8 1/500秒 ISO100
 
スカイパークでボーイング767-300を見送った後、師匠の案内で離陸する飛行機を真正面から見
れるポイントへ向いました。



5O9A0261.jpg
EOS 5D Mark III EF24-105mm F4L IS USM 絞り優先AE 24mm F8 1/800秒 -0.7 ISO100

撮影ポイントは猪名川の支流である箕面川の土手ですが、この箕面川は辿っていくと箕面公園の箕
面の滝に辿り着きます。

ちょうど撮影している真後ろで箕面川の流れは猪名川と合流し、箕面川という名前でなくなります。



IMG_0274.jpg
EOS 50D EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 190mm F5.6 1/800秒 ISO100

ものすごいエンジン音と共に自分に向って加速してくる飛行機なんて見たことあるでしょうか!?

慣れるまでは恐怖すら感じますが、“離陸”を楽しむには本当に素晴らしい場所です。


IMG_0291.jpg
EOS 50D EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 142mm F5.6 1/2000秒 ISO100

目の前で離陸した飛行機は自分達の真上を飛んで行き、旋回しながら上昇してゆきます。

師匠曰く“上昇しながら旋回する時に太陽光で輝く瞬間が美しい”ということ。

確かに、流線型の機体に太陽光が反射する様は見ていてうっとりします。



5O9A0268.jpg
EOS 5D Mark III EF24-105mm F4L IS USM 絞り優先AE 105mm F4 1/2500秒 ISO100

その後、フェンスで写真は撮りにくいけど、伊丹空港で最も機体を近くで見れるという場所(通称:東
水門)に向いました。

ここでは、滑走路に向かいタキシングする飛行機を間近で見ることが出来ます。

ここで会った飛行機好きの方の話では、何十年も毎朝欠かさずこの場所で手を振る名物おじさんが
いて、その方に向って必ずパイロットが手を振っているそうです。
その方のお陰か、ここに立っているとパイロットが手を振ってくれるという話でしたが、本当に通る飛
行機のパイロットが皆こっちに手を振ってくれていました。



5O9A0287.jpg
EOS 5D Mark III EF24-105mm F4L IS USM 絞り優先AE 32mm F4 1/1600秒 ISO100

東水門では小型機の滑走路の飛行ルートが近いらしく、頭の上を何度も小型機が通過しました。

この機体はボンバルディアDHC-8-400という機体ですが、プロペラ機は“本当にこんなプロ
ペラで飛べるのか”と不思議に思います。
この小さなプロペラでも、最大巡航速度は667km/hも出るそうです。(ウィキペディア情報)



IMG_0362.jpg
EOS 50D EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 200mm F5.6 1/1000秒 ISO100

東水門の後は、伊丹空港で最も有名な“千里川土手”に向いました。
ここは着陸する飛行機をド迫力で楽しめる、関西では最も有名な観賞ポイントではないでしょうか。



IMG_0343_20160602001655a62.jpg
EOS 50D EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 70mm F5.6 1/400秒 ISO100

滑走路がすぐ目の前で、頭上を通る飛行機の低さは“屈まないと頭に当たっちゃうんじゃないの
!?”と思える程低く、“もしかしたら墜落してくるんじゃない!?”と思える程の爆音です。



5O9A0472.jpg
EOS 5D Mark III EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 200mm F8 1/100秒 ISO160

エンブラエル ERJ-170

5O9A0513.jpg
EOS 5D Mark III EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 135mm F2.8 1/160秒 ISO160

ボーイング 737-800

この場所で本日一番撮りたかった、夕方~夜の宝塚をバックにした飛行機写真を撮り続けます。

大きな飛行機が通る度に凄い風圧と、それによって飛ばされた砂が顔面に強く打ち付けられる
のですが、航空無線を聞きながら飛行機を観賞するこの場所の常連さんらしきおばさんが、“次
787来るよー!!風圧注意ー!!”と驚くようなデカイ声で叫んでくれるので安心です。



5O9A0572.jpg
EOS 5D Mark III EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 200mm F2.8 1/60秒 ISO3200

ボーイング 777-200

5O9A0574.jpg
EOS 5D Mark III EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 200mm F2.8 1/50秒 ISO3200

夕方~夜にかけては離着陸がとても多く、大型用の滑走路で着陸しながら小型の滑走路では離
陸しているなんていう光景を何度も見れました。

陽が落ちてからは宝塚の街に明かりが灯り、とても良いロケーションで飛行機を眺めれます。



5O9A0552.jpg
EOS 5D Mark III EF70-200mm F2.8L IS II USM 絞り優先AE 200mm F8 1/5秒 ISO160

この夜景と飛行機の為にカメラ2台とレンズ2本、三脚を担いでスーパーカブでせっせこやって来ま
したが、その甲斐あって課題はたくさん残るものの、とても満足のいく写真が撮れました。

今まで知らなかった撮影場所や飛行機撮影のテクニックを師匠に教わり、ほんの少し撮影の技術
が上がった様な気がします。
また、機会があれば飛行機を撮りにいきたいと思います。

今回は現地集合のツーリングになりましたが、次は関空辺りにでも一緒に走りに行く方募集中です。
師匠、次回も宜しくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。
クリックにご協力お願いします。